19日放送のフジテレビ系オトナの土ドラ『いつまでも白い羽根』に出演する柳沢慎吾、中島唱子 (C)東海テレビ

 俳優でタレントの柳沢慎吾がレギュラー出演する19日放送の東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『オトナの土ドラ いつまでも白い羽根』(深0:00)第7話で、かつて名作ドラマ『ふぞろいの林檎たち』で夫婦役を演じた女優・中島唱子と共演していることがわかった。中島の出演は秘密裏で話が進み、撮影現場で彼女をみつけた柳沢慎吾は「えー?」と驚きの声をあげると「なんで!」「どういうこと?」とサプライズ出演に衝撃を受けた。

【写真】『ふぞろいの林檎たち』で共演 奇跡の2ショットが実現

 看護師の卵である主人公・瑠美(新川優愛)の親友・千夏(伊藤沙莉)の父親・健司を演じる柳沢は、庶民派の中華料理屋の主人。看護師を目指し、日々実習やレポート作成に追われる瑠美にとっても健司の店は憩いの場となっている。第7話では、健司と千夏が大勢のお客がいるにもかかわらず、大声で親子ゲンカをする場面があり、その客のひとりを中島が演じることに。

 柳沢と中島は『ふぞろいの林檎たち』で恋人から始まり、やがて結婚。さらに夫婦で中華料理店を切り盛りするという役柄を演じていたため、中華料理屋で2ショットを飾るというのも当時を知る者にとってはうれしい設定。セットに現れ、リハーサルに臨もうとする柳沢は店内を見回してテーブル席の一つを凝視したかと思うと中島を発見。思わぬ再会に笑みを浮かべた。
 
 リハーサル終了後、柳沢は一瞬頭の中が真っ白になったといいながら、中島とがっちり握手。現在、ニューヨーク在住の中島に「いつ帰国したのか」「なぜこの作品に出演することになったのか」など矢継ぎ早に質問。一方の中島は、このサプライズ出演のために帰国したため、いつもは必ず入れる柳沢への連絡を今回は控えていたことを告白。「大成功だったかな」と満足そうに胸を張っていた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。