京都戦で相手GKと激しく激突し負傷交代した徳島の狩野( 左)=5月12日、鳴門ポカリスエットスタジアム

 サッカーJ2徳島ヴォルティスは17日、MF狩野健太(32)が左鼻骨と眼窩底壁の骨折と診断されたこと発表した。12日に鳴門ポカリスエットスタジアムで行われた京都サンガ戦で相手GKと激突し、負傷した。

 狩野は昨季はJ1川崎フロンターレでプレーし、徳島での練習参加を経て4月に加入した。今季は5試合に出場し1得点を記録している。

 全治について発表されていないが、狩野は同日、自身のインスタグラムを更新。さまざまな検査をしたが骨折以外に異常はないことを報告した。負傷者が多く、チーム事情が苦しい中での離脱に悔しさをにじませながらも「早く復帰できるよう積極的に骨くっつけにいきたいと思います」と、1日も早いチームへの復帰に意欲をみせている。