学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡る疑惑は、さらに深まったといえよう。

 「加計ありき」を示すような交渉経緯に関する新たな文書が、愛媛県から国会に提出された。

 2015年2月25日、安倍晋三首相が加計孝太郎学園理事長と面談し、「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」とコメントしたという。

 加計理事長は面談で、今治市に設置予定の獣医学部では国際水準の獣医学教育を目指すことを説明したようだ。

 文書の内容が事実なら、政権の信用は地に落ちる。首相は国会で、学園の獣医学部構想を知ったのは17年1月20日だと明言してきたからだ。

 きのう、首相は「ご指摘の日に理事長と会ったことはない」と述べ、コメントに関して「今まで国会等で話をしたように、加計氏から獣医学部新設について話をされたこともない。私から話をしたこともない」と明確に否定した。

 加計学園も「理事長が15年2月に総理とお会いしたことはございません」とのコメントを出している。

 一方、愛媛県の中村時広知事は「出てきたものを正直に出しただけ。県はあくまでも正直だ」と強調する。

 首相側と愛媛県のどちらが正しいのか。今度こそ国会で真相を究明してもらいたい。

 文書によると、首相と加計氏との面談は15分程度で、学園側が15年3月3日の会合で県に報告していた。

 15年4月に、県職員らが柳瀬唯夫元首相秘書官と面会した際の概要メモもある。柳瀬氏が「獣医学部新設の話は総理案件になっている。何とか実現を、と考えている」と述べたとしている。

 国会の参考人招致で柳瀬氏は「本件は首相案件」との発言を巡って「首相との言葉は使わないので違和感がある」と述べた。「総理案件」の記述は有力な反証になろう。

 そればかりではない。新文書には「安倍総理と加計学園理事長が先日会食した際に、獣医師養成系大学の設置について地元の動きが鈍いとの話が出た」との記載もある。

 ほかに15年2月に学園側が当時の加藤勝信内閣官房副長官と面会した際、獣医学部新設について「日本獣医師会の強力な反対運動がある」と指摘されたとの記述も見える。 

 加藤氏は「岡山の事務所で加計学園の事務局長だったと思うが面会した」と述べた。

 首相やその周辺は、加計関係者と獣医学部の設置を巡って度々、意見交換しているように映る。一体なぜなのか。

 首相側がいくら否定しても次々に明らかになる資料や新事実に、政権への不信感が高まるのは当然だ。

 国民が知りたいのは真相である。野党は中村知事の参考人招致のほか、柳瀬氏と加計理事長の証人喚問を求めている。与党は真剣に受け入れを検討すべきだ。

 首相は具体的な資料に基づいて、説明責任を果たさなければならない。