シェアハウス運営の不動産会社ゴールデンゲイン(東京)が、東京地裁から22日に破産手続き開始決定を受けたことが23日、分かった。社会問題化しているシェアハウス投資を巡る破産はスマートデイズ(同)に続き2社目。ゴールデンゲインの物件所有者側の弁護士によると、所有者の大半が地方銀行のスルガ銀行から購入資金の融資を受け、審査書類の改ざんなども相次いでいた。スルガ銀は貸し手としての責任をさらに厳しく問われる事態になった。

 信用調査会社の帝国データバンクによると、負債総額は2016年10月末時点で約13億円だが、今後変動する可能性もあるという。