[磯]<中林>22日、10時ごろから南の風が少し吹き出したが波は穏やかで終日サオを出すことができた。エンバエ東の胴で沖アミを餌にハリス1・25号、ウキ下4~5ヒロで25~30センチのマダイ10匹と35~40センチのアイゴ6匹。13時に納竿。

 [イカダ]<ウチノ海>21日、チヌは湾口のカセでは市販のネリ餌、サナギと沖アミを使い、27~37センチを4匹。別のカセでパッチンと沖アミを餌に29、33センチを2匹と30センチのキビレ1匹。別のカセで沖アミを餌に43センチを1匹。中央周辺のヤカタでサナギを餌に43センチを1匹と33センチのキビレ1匹。近くのヤカタで沖アミを餌に32センチを1匹。

 [波止]<粟津離岸堤>21日、12時ごろから南東の風が吹き出したが、波は穏やか。23~28センチのグレを3番で20匹。4番でもよく似た釣果。

 <東沖洲>21日、夜明けごろから1時間余りサビキ仕掛けで5センチのマメアジ30匹。別の人も同型を20~30匹。10時ごろからは15センチ前後のイワシの回遊があり、1時間足らずで20匹。アジ狙いにはハリ2~4号のカラバリ、イワシ狙いには5~6号の疑似餌つきのサビキがいいようだ。

 [船釣り]<伊島沖>22日、うねりが少々あり釣りづらかった。乗合船で出掛けた人が30~45センチのマアジ18匹。25~30センチのレンコダイ4匹。別の人は同型のマアジ7~15匹、25~28センチのレンコダイ3~4匹。別の乗合船は本ハゲ狙いで出船。貝のむき身を餌に2~3本バリの胴付仕掛けで18~28センチを51匹。別の人は同型を24~40匹。ハリ外れが多く釣りづらかった。

 [投げ釣り]<北灘>20日、前日より水温が0・7度下がりキスのアタリは散発。10~18センチを数カ所場所を変わり12匹。別の人は2~10匹。水温が徐々に上昇してきているので今後に期待したい。(県釣連盟報道部)