旧優生保護法下の1962年、香川県の障害者関連施設の入所者9人について同時期に不妊手術の申請があり、県の審査会が8人を一括して認めていたことが26日、資料で分かった。専門家は、介助効率化などを意図した施設側による集団申請をうかがわせると指摘。