10日、県内は午前中に晴れ間もあったが次第に雲が広がり雨が降った場所もあった。県南部の磯では南寄りの風が徐々に強まり波も高くなったため早めに納竿した業者もあった。

 [波止]<小松島港沖ノ一文字>10日、35~45センチのチヌは、赤灯で2人が合わせて5匹。同所からやや中央寄りで3匹。中央付近では2人で8匹。北防は2人で7匹と30センチのマルアジ2匹。

 [磯]<伊島>10日、釣りバリメーカーの金勝杯に県内外から92人が参加し、25センチ以上のグレ3匹までの重量を競った。朝は波風とも穏やかだったが11時すぎから南寄りの風が吹き始め、競技を1時間早く終了。水温は朝16・3度だったが納竿時には17度台まで上昇。計量には26~46センチを32人が持ち込み、各船の上位を優先に順位を付けた。上位は3匹をそろえ、セイガバエで阿南市の井口賢さんが3640グラム(39~46センチ)で優勝。唐人東で徳島市の坂東孝志さんが3020グラム(36~46センチ)で2位。小浦のハナで京都市の生駒浩史さんが2740グラム(32~45センチ)で3位。対象外だがハエによりイサギやハマチでよくサオを曲げていた。

 <木岐>10日、潮は下りで水温17・4度。波はやや高めで南西の風が徐々に強まった。四十バエで30~35センチのグレ3匹と35センチのアイゴ1匹。一ツ目で30センチのグレ3匹と45センチのチヌ1匹。9日は、波風ともに穏やかで潮は上り。大辰己周辺のハエで30~35センチのイサギ7匹と35センチのグレ1匹。赤バエオチで30、35センチのグレ2匹と30~35センチのアイゴ3匹。一ツ目で25~30センチのグレ10匹。地頭バエで28~34センチのグレ6匹。

 <津島>10日、水温19・9度で潮は上り。グレは、チョウセン西で29~42センチを3匹。サンゴ東で29~38センチを7匹。同胴で33~44センチを4匹。ワレスベリ横で41センチを1匹。

 <大島>10日、水温20・2~20・3度。潮は上り。大バシゴで30~32センチのイサギ4匹と30センチのアイゴ1匹、40センチのハマチ1匹。一番は2人で30~33センチのイサギ20匹と30センチのグレ2匹。二番で25~33センチのイサギ10匹。トビツで30センチのグレ2匹と25センチのイサギ2匹。平バエは2人で30センチのグレ3匹と28~35センチのイサギ17匹、40センチのスマ1匹。桃オチで30~40センチのグレ3匹。

 [イカダ]<宍喰>10日、1号カセで2人が合わせて28~35センチのグレ6匹。9日は、1号カセで2人が30~37センチのグレ12匹と36センチのイサギ1匹。両日とも3~5ヒロでアタリが多くあった。(県釣連盟報道部)