徳島県小児科医会 日浦恭一(徳島新聞朝刊 満1歳にて掲載)

 インフルエンザの特徴は伝染力が強く、学校や保育所などの集団で患者が出ると大流行を起こす可能性があることです。特に小児ではインフルエンザに免疫を持っていないことが多く、重症化することがあります。

 インフルエンザは飛沫感染で伝染し、潜伏期間は1~3日間です。気道粘膜上皮に侵入したウィルスが増殖すると上皮細胞の壊死、粘膜の浮腫や炎症細胞の浸潤が起こります。この時に自然免疫の反応や特異的な免疫反応が活性化することによってサイトカインと言う物質が産生され、突然の発熱が出現します。同時に咳や鼻水などの気道症状が現れます。さらに頭痛や関節痛、筋肉痛、全身倦怠感などの全身症状が強くなります。

 上気道に感染したウィルスは気管、気管支、細気管支へ感染を広げます。感染したウィルスはA型では1週間、B型では1~2週間で排除されます。従ってインフルエンザによる症状も多くは1週間程度で軽快します。

 インフルエンザには肺炎を合併することがあります。肺炎にはインフルエンザウィルスが直接引き起こすウィルス性肺炎と細菌感染の合併による二次性細菌性肺炎があります。インフルエンザによる肺炎は重症で予後の悪いものがありますから注意が必要です。

 インフルエンザに対しては早期診断と早期治療が大切であることは言うまでもありません。飛沫を防ぐマスクの着用、手洗いやうがいの励行、体力や抵抗力を低下させないように食事や睡眠をしっかり取ること、規則正しい生活を送ること、早い時期に予防接種を済ませることなどが大切です。