6日に東京都内で行われた定期戦で、パスを投げ終えた関学大選手に背後からタックルする日大の選手(関学大提供・背番号をモザイク加工しています)

 日本大アメリカンフットボール部の選手が関西学院大の選手を悪質な反則で負傷させた問題で、関東学生連盟が29日に臨時理事会を開いて日大の内田正人前監督らの処分を決めることが28日、関係者の話で分かった。この問題を調査していた関東学連の規律委員会は、内田前監督と井上奨前コーチに対して厳しい処分を科すように諮る方向。理事会後に関東学連の柿沢優二理事長らが東京都内で記者会見する。

 規律委は、反則をした宮川泰介選手や内田前監督ら指導陣に聞き取り調査を実施した。宮川選手は指導陣の指示に従って危険なタックルをしたと話したが、内田、井上両氏は反則指示を否定した。