任期満了に伴い、11月5日に告示される阿南市議選(定数28人)の届け出書類の事前審査が24、25の両日、市役所であり、29人の陣営が審査を受けた。徳島新聞の取材では31人が立候補を検討していたが、2人が断念したため、定数を1人上回る選挙戦になりそうだ。

 出席したのは、現職22人と元職1人、新人6人の陣営で、全員が立候補の意思を固めている。立候補予定者や代理人が市選挙管理委員会の担当者から提出書類に不備がないか確認を受けた。

 市議会は市議2人の死去に伴い、欠員2になっている。4日の立候補予定者説明会の後、現職の引退は1人増えて4人になり、新人1人も立候補を見送った。他に目立った出馬の動きはない。

 立候補の届け出は11月5日午前8時半から午後5時まで市役所で受け付ける。投開票は12日に行われる。

 9日時点の有権者数は6万2737人(男性3万101人、女性3万2636人)。