[上]男子 ゴールに飛び込む牟岐のアンカー小澤=鳴門大塚スポーツパーク[下]女子 那賀川の2区辻田(左)から3区勝瀬にたすきをつなぐ

 駅伝の男子第46回、女子第24回徳島県中学校新人大会は11日、鳴門大塚スポーツパーク周回コース(男子=6区間18キロ、女子=5区間12キロ)で行われ、男子は牟岐、女子は那賀川がともに初の頂点に立った。男子は59校が参加し、優勝した牟岐は終盤にトップに躍り出て59分59秒で制した。2位は阿南一、3位は小松島南。女子は48校が争い、那賀川は2区で首位に浮上し、後続を引き離した。タイムは43分44秒だった。2位に松茂、3位に羽ノ浦が入った。