中村俊洋氏

 四国アイランドリーグplusは24日、リーグ運営会社IBLJ(高松市)社長と、リーグ理事長に中村俊洋氏(46)=池田薬草社長=が就任したと発表した。任期は1年。

 中村氏は高松市出身で2016年はIBLJ取締役などを務めた。四国内の自治体、企業とのネットワークを生かし、リーグの経営強化を図る狙いがある。

 同市のホテルで会見した中村氏は「公共性の高い事業を引き継ぐことになり、身の引き締まる思い。試合や選手の活動を通してスポーツ人口の裾野を広げたい」と抱負を語った。

 森本美行IBLJ社長は取締役会長に就任。鍵山誠リーグ理事長は退任し、日本独立リーグ野球機構の会長に専念する。