日大本部に要求書を提出後、取材に応じる日大教職員組合の菊地香執行委員長(中央)ら=31日午後、東京都千代田区

 日本大アメリカンフットボール部の悪質な反則問題で、日大教職員組合の菊地香執行委員長らは31日、田中英寿理事長の辞任や内田正人前監督の常務理事解任など上層部の一新を求める要求書を東京都千代田区の日大本部に提出した。

 提出後、菊地委員長らは「反則が明らかになった後、大学は被害者らが納得するような対応をしなかった。その責任は田中理事長らにある」と強調し、「きちんと進退を決めてもらわないと、日大が変わったと世の中から理解してもらえない」と語った。

 要求書では、日大の信用を回復するためには、内田前監督を含む5人の常務理事の解任や、田中理事長の辞任が必要としている。