1オーバー34位タイで予選を通過した亀代=JクラシックGC

 男子プロゴルフツアー・チャレンジトーナメント開幕戦、Novil Cup(ノヴィルカップ)2017の第2日は1日、阿波市土成町のJクラシックゴルフクラブ(7206ヤード、パー72)で予選の第2ラウンドが行われた。初日12位タイの上井邦裕が66で回り、浅地洋佑、K・T・ゴン(韓国)と共に通算6アンダーの138で首位に並んだ。

 1打差の4位タイに星野陸也、中島マサオ、J・チョイ、櫻井勝之がつけた。初日首位の出水田大二郎、2位の額賀辰徳ら5人がさらに1打差の8位タイとなった。

 徳島県勢は山岡成稔(香蘭高-日大出)が通算イーブンパーの22位タイ、亀代順哉(鷲敷中―香川西高-大院大出)が通算1オーバーの34位タイで続き、決勝ラウンド進出を果たした。高橋佳伸、尾崎慶輔、池田浩二、坂東拓也、アマチュアの古林敬介の5人は予選を通過できなかった。

 好天に恵まれ、約980人のギャラリーがプロのプレーを堪能した。最終日の2日は、決勝ラウンドに進んだ67人が栄冠を争う。スタートは午前7時半。