試合前、熊本地震の犠牲者に黙とうを捧げるサッカー女子日本代表ら=えがお健康スタジアム

 サッカー女子の国際親善試合、キリン・チャレンジカップは9日、熊本市のえがお健康スタジアムで行われ、日本代表なでしこジャパンはコスタリカに3-0で快勝した。徳島市出身のDF市瀬菜々(マイナビ仙台)は、代表初先発でフル出場。熊谷紗希(リヨン)と最終ラインでコンビを組み、落ち着いたプレーでチームの完封勝利に貢献した。