[波止]<鳴門観光港>31日、14時から2時間、吉野川市の人が1・7グラムのジグヘッドにピンク系のワームを付け、15~18センチのメバル3匹と20センチのガガネ2匹。別の人は赤アミを餌にサビキ仕掛けで5センチ前後のマメアジ10匹と10センチ前後のイワシ3匹。

 <津田沖ノ一文字>31日、穏やかだった。コーナー周辺で沖アミを餌にフカセ仕掛けで30センチ前後のグレ3匹と同型のチヌとアイゴを各1匹。ルアーを使った人は40、52センチのマゴチ2匹。別の人は40センチを1匹。

 [船釣り]<牟岐沖>30日、下り潮で水温19度。2人が沖アミを餌にフカセ仕掛けで30~44センチのイサギ36匹と42~50センチのマダイ3匹。

 [イカダ]<ウチノ海>31日、沖アミを餌にカカリ釣りで61センチのマダイと35センチのチヌを各1匹。別のカセでは沖アミとネリ餌をローテーションし25~36センチのチヌ6匹と37センチのキビレ1匹、25~26センチのマダイ5匹。30日はネリ餌で23~29センチのチヌ4匹と28センチのキビレ1匹。

 <宍喰>31日、水温19・7度。沖のカセは1号で2人がウキ下サオ1本前後で30~42センチのグレ4匹。餌取のサンタが多くあたった。

 <高知・甲浦>31日、水温19・9度で波が高かった。1号で33センチのグレ1匹。

 [磯]<中林>31日、穏やかだった。エンバエ西胴で25~30センチのグレと20~25センチのマダイを各5匹と35~40センチのアイゴ3匹、35センチのチヌと25センチの本ハゲを各1匹、20~23センチのガガネ8匹。東では25~30センチのマダイ5匹と30~37センチのチヌ3匹、35、40センチのアイゴ2匹。

 <大島>31日、下り潮で水温17・8~18・2度。本場回りの屋形で底物仕掛けで48、53センチのイシダイ2匹。裏回りの桃地ではフカセ仕掛けで33~37センチのグレ4匹と餌木を使って0・8キロのアオリイカ1匹。(県釣連盟報道部)