[友釣り]<海部川>1日、アユ釣りファンには待望の解禁日で釣り人は多かった。平水で濁りはほとんどなく日中になり水温が上がりだすとアユの追いは活発になった。海部橋上流で14~15センチを25匹。同行の人は同型を24匹。神野周辺で17センチ前後を61匹と好釣果。大井周辺で17~18センチを40匹。別の人は型は未確認だが33匹。小型のアユは多く見られたので水温が上がれば楽しみだ。

 [磯]<宍喰>1日、水温は19度。東の風で波は無かった。那佐半島側のメンバエは底物仕掛けで30・5、43・5センチのイシガキダイ2匹。前磯側でも46・5センチのイシダイ1匹の人。37センチのイシガキダイ1匹の人。

 <大島>1日、下り潮で水温17・6~18・4度。本場回りの潜航艇は底物仕掛けで59センチのイシダイ1匹。裏回りの桃オチで30~34センチのグレ3匹。同地で30、32センチのグレ2匹。

 <中林>1日、出船時は風は少なかったが9時頃から北の風が次第に強くなった。高崎で阿南市の小川巧さんが25~30センチのグレ23匹と30、35センチのアイゴ2匹。

 <高知・甲浦>1日、水温は19・9度で波が少しあった。赤灯台は底物仕掛けで30センチのイシガキダイ1匹。ビシャゴ西ではアオリイカ狙いの人が0・5キロを1匹。

 [イカダ]<宍喰>1日、沖のカセ周辺の水温は19度。1号で沖アミを餌にフカセ釣りをした2人がウキ下2~3ヒロを狙い25~40センチのグレ18匹。

 <高知・甲浦>1日、アオリイカ狙いの人は1号で0・5キロを1匹。3号では0・3~2・0キロを3匹。

 [波止]<椿泊湾>1日、夜明け前の約2時間半、赤アミを餌にサビキ釣りで5~6センチのアジ30匹と13~16センチのイワシ20匹。

 [ルアー]<和田島>1日、大手海岸の波止で早朝約1時間半、ストレートワームのジグヘッドリグとバイブレーションを併用して55センチのマゴチ1匹と62センチのスズキ1匹。付近で別の人がワームのジグヘッドリグで45、63センチのスズキ2匹。(県釣連盟報道部)