熱戦を繰り広げる選手たち=JAバンクテニスプラザ

 第57回徳島県高校総合体育大会(県教委、県高体連主催、徳島新聞社後援)のテニス競技が20日、6月2日の開幕に先立ち、JAバンクテニスプラザで始まった。

 初日は男子ダブルスの予選が行われ、20校の150組が熱戦を展開した。21日は大神子病院しあわせの里テニスセンターで女子のシングルスとダブルスの予選、27日に男子シングルス予選、28日には男女のシングルス予選などがある。

 このほか、27日には鳴門球技場でアーチェリーの団体と個人決勝が行われ、バスケットボールとサッカーも始まる。

 県高校総体は6月2日から5日までの4日間。計32競技が県内各地で繰り広げられる。

 ※徳島県高校総体の写真は、徳島新聞ホームページのWeb写真館、写真映像部フェイスブックに多数掲載します。随時、追加します。