市瀬菜々

 日本サッカー協会は29日、欧州遠征で6月の国際親善試合、オランダ戦(9日)とベルギー戦(13日)に臨む女子日本代表「なでしこジャパン」23人を発表し、徳島市出身の市瀬菜々(マイナビ仙台)が選ばれた。市瀬は19歳のDFで、チームでは最年少。主力の横山(長野)熊谷(リヨン)阪口(日テレ)らが順当に選出されたほか、菅沢(浦和)が復帰した。
 
 4月のコスタリカ戦から入れ替えは少なく、20歳の長谷川(日テレ)上野(愛媛)ら若手を引き続き招集した。高倉監督は「攻守にアグレッシブに賢く戦い、日本の良さを出して2試合とも勝ちにこだわる」と話した。
 
 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が6位で、オランダは12位、ベルギーが23位。