スイス戦に向け調整する槙野(手前左)、吉田(同右)、柴崎(中央)ら=6日、ゼーフェルト(共同)

 【ゼーフェルト(オーストリア)共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に向けて合宿中の日本代表は6日、オーストリアのゼーフェルトで練習した。冒頭では大迫(ブレーメン)吉田(サウサンプトン)ら全選手がランニングやパス回しで体をほぐし、その後は非公開で戦術を確認したとみられる。

 チームは8日午後7時(日本時間9日午前2時)から行われるスイス代表との強化試合のため、7日に同国のルガノへ移動する。試合後は戻って調整を続け、12日にオーストリアのインスブルックでパラグアイ代表と大会前最後の試合を行う。13日にロシアのキャンプ地となるカザンに入る。