郡市対抗ゴルフ大会の決勝ラウンドで、ティーショットを放つ選手=徳島市の眉山カントリークラブ

 ゴルフの第45回徳島新聞社杯郡市対抗大会の決勝ラウンドが25日、徳島市の眉山カントリークラブ(パー70)で行われ、予選を通過した6市3郡の20チームが熱戦を繰り広げた。

 午前7時半から159人がアウト、インに分かれてスタートした。薄い雲が広がった夏空の下、各選手は力のこもったティーショットを放ち、コースに繰り出した。

 大会では、徳島城東が5連覇を目指している。6月13、14の両日に行われた予選では吉野川市A、徳島城南Aが各日の1位だった。

 1チームは8人。18ホールストロークプレーで争われ、各チームの上位7人の合計スコアで順位を競う。予選の成績は決勝ラウンドには反映されない。

 昨年に引き続き、全国都道府県対抗アマチュア選手権(10月25、26日・宮崎県UMKカントリークラブ)の徳島県予選を兼ねており3人が県代表に選ばれる。

 ◇ 

 徳島新聞社主催、県ゴルフ協会、四国放送後援、ダンロップスポーツマーケティング、国府町CATV、スタジオエース協賛