両手を突き上げて優勝を喜ぶ鳴門渦潮のエース河野=鳴門オロナミンC球場

 鳴門渦潮の左腕河野は最後の打者を打ち取ると、マウンドで「よっしゃあ」と雄叫びを上げた。

 立ち上がりから3者連続三振と絶好調。「切れていた」と言うスライダーや力のある直球でどんどんストライクを投げて板野打線を追い込み、反撃の糸口をつかませなかった。

 「(捕手の)松﨑がしっかり腕を振れ、と励ましてくれて。心の中でその言葉を繰り返しながら投げた」。最大のピンチは五回。1死一、二塁から左前打を許したが、左翼手の好判断もあり、二塁ベースを回った走者を刺した。続けて豊富優を直球で三塁ゴロに仕留めてしのいだ。

 県秋季、春季大会とも決勝で敗れ、「エースの自分が打たれたせい」と責任を感じていた。走り込みで下半身強化に励む一方で、ブルペンにはゴム糸を張って、低めに投げられるよう制球を磨いた。

 大量得点を続ける打線の陰に隠れてあまり目立たなかったが、エースの成長は女房役も実感していた。「秋季大会とは切れもパワーも全然違う。何より制球が良くなった」。松﨑主将の言葉には河野への信頼感がにじむ。

 初めて臨む甲子園にも気負いはない。「自分が2点以内に抑えたら打線が何とかしてくれる。県代表として1勝したい」。一回りたくましくなったエースが甲子園を盛り上げる。