9回裏、徳島1死二、三塁、垂井が左前へ適時打を放ち1―5とする=蛇王球場

 徳島インディゴソックスは30日、海陽町の蛇王球場で行われた後期のホーム開幕試合で1―5で高知に敗れ、2連敗を喫した。高知の元米大リーガー、マニー・ラミレス(登録名マニー)はチームに帯同しなかった。香川は14―7でソフトバンク3軍を下した。

 徳島は投打に振るわなかった。五回、先発大蔵が先頭打者に安打で出塁を許し、二塁打で1点を先制された。七回から救援した伊藤克が1点を失い、九回は相沢が3点本塁打を浴びて突き放された。打線は6安打に抑え込まれ、九回に垂井の左前適時打で1点を返すのが精いっぱいだった。