振る舞われた新茶を味わう来院者=阿南市羽ノ浦町の阿南共栄病院

 阿南市羽ノ浦町の阿南共栄病院で13日、来院者や入院患者らに那賀町相生地区産の新茶を振る舞う「新茶まつり」が開かれた。
 
 看護師や事務職員4人が、紺がすりにたすきの「お茶娘」に扮して待合所に登場。相生地区で今月上旬に収穫された緑茶を紙コップに入れ、診察待ちの患者や付添人らに手渡した。病棟の入院患者らにも配った。
 
 患者らは新茶の豊かな香りや、ほんのりと感じられる甘みを堪能していた。勝浦町沼江の古山磯之さん(70)は「さわやかないい香りでおいしい」と顔をほころばせた。
 
 新茶まつりは、JAアグリあなん相生支店が茶葉を提供し、毎年行っている。