河川の水位など最新情報を集め、関係機関に連絡する職員=徳島市の国交省徳島河川国道事務所

 台風や梅雨の豪雨に備え、国土交通省徳島河川国道事務所と徳島県は19日、河川の氾濫を想定した机上演習を行い、災害時の連絡体制を確かめた。

 徳島市上吉野町3の同事務所では、大型の台風が北上して大雨が降り、吉野川や旧吉野川、今切川が氾濫したと想定して訓練を実施。流域5カ所の出張所などから報告があった水位や樋門の操作状況、被害の情報などを随時、県と流域の14市町、徳島地方気象台などに電話、ファクス、メールで連絡した。

 県庁では徳島市上八万町の園瀬川堤防が決壊したとの想定で実施。被害の状況を四国地方整備局(高松市)に電話とメールで報告した。