収穫が最盛期を迎えた甘夏=徳島市八多町

 27日午前の徳島県内は前日に続いて高気圧に覆われ、気温が上がった。正午までに、美馬市穴吹町で31・8度を記録。31・1度の那賀町木頭出原、30・7度の三好市池田町を合わせた3観測地点で、最高気温が30度以上の真夏日となった。
 
 徳島地方気象台によると、他の5地点でも正午までに25度を超える夏日となった。午後も上がる見込みで、気象台は熱中症への注意を呼び掛けている。
 
 徳島市八多町の勝浦川河川敷では、甘夏の収穫が最盛期を迎えている。約7アールで栽培している井関一夫さん(72)=同市八万町法花谷=は「やや小ぶりだが、甘みは抜群」と話し、直径10センチ以上に育った実を一つ一つ摘み取っていた。