福岡県警によると、山陽新幹線が人をはねた事故で、北九州市八幡西区上香月付近の線路上に、複数の体の一部が見つかった。衣類が発見された場所から約2キロ離れていた。