県内在住者に販売する「UZU PASS」

 大鳴門橋の観光遊歩道「渦の道」(鳴門市鳴門町)の入館パスポート「UZU PASS」(ウズパス)が8日から、県内在住者を対象に販売された。一般の入館料と同額の510円で1千部用意した。パスポートを提示すれば、2018年3月末まで何回でも入館できる。開通30周年を迎えた大鳴門橋記念事業の一環。

 裏面はスタンプカードになっており、スタンプ数に応じてポストカードやクリアファイルなどの商品がもらえる。渦の道の窓口で販売している。

 渦の道の指定管理者のネオビエントは「ぜひ県外の友人や知人を誘って来館していただきたい」としている。問い合わせは渦の道<電088(683)6262>。