国史跡に指定されることになった板東俘虜収容所跡=鳴門市大麻町桧

 鳴門市大麻町の「板東俘虜(ふりょ)収容所跡」が国史跡に指定されることになった。国の文化審議会が15日、林芳正文部科学相に答申した。第1次世界大戦で捕虜となったドイツ兵を収容した施設で、兵舎建築跡などの遺構や捕虜の文化的活動に関する資料が豊富に残っており、近代の軍事や外国人との交流に関わる遺跡として重要と評価された。県内の国史跡は11カ所目。

 指定されるのは、最大千人余りの捕虜が収容された約5万7千平方メートルの敷地

 

のうち、国、徳島県、鳴門市が所有する約3万7千平方メートル。ドイツ村公園や県営住宅などが含まれている。

 鳴門市教委は2007~11年にかけて発掘調査を実施。1919年にドイツ兵捕虜が作成した所内の測量図「要図」と照らし合わせたところ、捕虜を収容したバラッケ(兵舎)や製パン所、倉庫棟など建物の基礎やれんが積みの構造などが記録通り確認できた。

 松江豊寿(とよひさ)所長(1872~1956年)らの捕虜への人道的な対応や、地域住民との友好関係などを示す印刷物や写真などの資料、文書も多数残されて

 

いる。

 文化審では、国内に残存する第1次世界大戦時の収容所として最も状態が良好と判断。戦争という緊張状態にありながら、収容所内外での捕虜によるさまざまな活動や地域住民との友好的な交流があったことも、歴史的意義を考える上で大きな特色としている。

 収容所は1917年に開設され、3年で閉所。跡地は第2次世界大戦の終戦まで陸軍の演習場として使われた。戦後は引き揚げ者の住宅として活用され、78年、一部がドイツ村公園として整備された。跡地にある「ドイツ兵の慰霊碑」は2007年に県指定史跡に指定されているが、それ以外は未指定だった。

 世界遺産へ弾み

 泉理彦市長の話 「第九」アジア初演100周年の記念すべき年に、国史跡に指定されることになり、大変喜ばしい。関連資料のユネスコ「世界の記憶」(世界記憶遺産)登録への弾みとし、友愛の史実を受け継いでいきたい。