第70回徳島県将棋選手権大会(徳島新聞社主催)の決勝トーナメントが14日、徳島新聞社であり、野崎雅敬五段(25)=鳴門市鳴門町高島、大学院生=が2連覇を飾った。
 シード選手7人と予選通過者8人が県代表の座を争い、野崎五段は決勝で松浦省三・五段(松茂町)を下した。3位は後藤武敏四段(徳島市)と北尾靖規四段(石井町)。
 野崎五段は9月5日から東京で開かれる全日本アマ将棋名人戦に出場する。