8月9日に開幕する鳴門市阿波おどりをPRするポスター

 鳴門市は17日、今年の阿波おどり(8月9~11日、実行委主催)のPRポスターを発表した。開幕日に市文化会館で開かれる「吉本新喜劇」に出演するタレントらのイラストを採用。明るく楽しい雰囲気に仕上がっている。
 
 B1判を500枚、B2判を2400枚作った。大鳴門橋の開通30周年を記念した新喜劇に出演する石田靖さん(市文化会館名誉館長)と間寛平さんをはじめ、新喜劇のタレントが明るく踊る様子を描いている。

 A4判チラシも1万8千枚作り、17日から市内外の観光施設や宿泊施設、公共交通機関の乗り場などに張り出しを始めた。

 鳴門市の阿波おどりポスターは2010年から計4回、人気アニメ「NARUTO-ナルト」を起用して話題を集めた。原作漫画の連載終了後も劇場用アニメが制作されており、泉理彦市長は17日の定例会見で「復活も検討したい」と話した。

 今年の鳴門市の阿波おどりは8月9~11日の午後7~10時、JR鳴門駅西側特設演舞場などで開く。吉本新喜劇は9日午後1時と同3時半の2回、市文化会館であり、オーディションで選ばれた市民も参加する。