大阪府北部で起きた地震を受け、福井照消費者行政担当相は19日の閣議後の記者会見で「大規模な地震の後には災害に便乗した悪質商法が発生している。心配であれば消費者ホットライン188に相談してほしい」と注意を呼び掛けた。

 国民生活センターによると、過去の震災後、建物の修理や、募金を求める不審な電話や訪問勧誘が発生している。福井氏は「災害に関する消費生活相談の状況を注視し、適切な対応を取りたい」と述べた。