モロッコに勝利し、喜ぶポルトガルの(左から)ペペ、ロナルドら=モスクワ(共同)

 ポルトガルが試合序盤の1点を守り切った。前半4分、ロナルドが右クロスに頭から飛び込んで先制。ショートコーナーからの展開で、マークを外す鋭い動きが光った。その後は守勢の時間が長かったが、GKルイパトリシオが決定的なシュートを防ぐなど集中力を切らさなかった。

 モロッコは中盤のプレスが効いて高い位置でボールを奪い、右サイドを中心に速い攻撃を仕掛けた。セットプレーからも再三の好機をつくったが、ゴールを奪えなかった。(共同)