大潟漁港に現れたアゴヒゲアザラシ=阿南市大潟町

 徳島県阿南市大潟町の大潟漁港に3日、北極海などに生息するアゴヒゲアザラシ1頭が現れた。徳島県内でのアザラシ確認は、2005年11月から翌年8月にかけて同市那賀川町の那賀川河口に姿を見せた「ナカちゃん」以来。漁港を愛くるしく泳ぐ姿に、地元住民は大潟の地名にちなんで「オオちゃん」の愛称で呼び始めた。

 アザラシは体長約1・5メートルで雌雄は不明。毛は灰色で、上唇に白いひげが生えている。近くに住む四宮明徳さん(68)が午前8時ごろ、釣りに出ようと船を出発させたところ、漁港内にいるアザラシを見つけた。

 午前中、波の穏やかな漁港内で頭を海面から出して悠々と遊泳。人を避けるように岸壁には近寄らず、時折、港内に入ってくる漁船に驚いたように姿を隠し、しばらくすると戻ってきていた。昼すぎ以降の目撃情報はなかった。

 漁港には話を聞き付けた住民が訪れ、珍客を見守った。近くの主婦土井アユ子さん(70)は「目がくりっとしていてかわいい。漁港に居着いてくれたらいいのに」と話した。

 写真を見た県立博物館の佐藤陽一自然課長によると、成獣になりたての若いアゴヒゲアザラシとみられる。冬には北海道近辺の海域によく現れるが、なぜ夏場に阿南市に来たのかは分からないという。