日本ボクシングコミッション(JBC)は21日、東京・後楽園ホールで22日に実施予定だった日本バンタム級王座決定戦が村中優(フラッシュ赤羽)の体調不良のため中止になったと発表した。

 JBCによると、村中は21日に体調不良を訴え、東京都内の病院に入院した。命に関わる状況ではないという。前日計量に姿を見せず、所属ジムから棄権の申し出があった。JBCは報告書や診断書を受け、処分を検討する。世界挑戦経験のある村中は過去に体重超過で処分を受けたことが複数回ある。

 新たな王座決定戦については今後調整。村中と対戦予定だった斉藤裕太(花形)は出場の意思を示しているという。