黄金の村の商品を展示・販売するコーナーも設け、7日にオープンする「Ricca Donna」=東京都港区

 徳島県那賀町出身で電子書籍取次業の(株)メディアドゥ(東京)を経営する藤田恭嗣さん(41)が、東京都内にイタリアンレストラン「Ricca Donna(リッカドンナ)」を7日に開店させ、木頭ゆずを使った料理や飲み物を提供する。

木頭ゆずの加工品を製造販売する「黄金の村」(那賀町)の商品を展示・販売するスペースも設け、レストランと同社が連携して、都内での木頭ゆずの周知と販売拡大を狙う。
 
 レストランは港区西麻布内のビルの1、2階に出店。藤田氏が出資して設立した会社が運営し、メニューには木頭ゆずを使ったパスタや肉料理、カクテルやジュース、シャーベットを用意している。

1階の一角で、黄金の村が製造した化粧品や調味料を展示・販売する。
 
 店内には、旧木頭村(現那賀町)を撮り続けた写真家・故中野建吉さんの写真を飾り、木頭の魅力も発信する。
 
 レストランは、黄金の村の社員が都内で営業活動などを行う際の拠点としても活用。

同社は来年秋、都内に木頭ゆず製品を取り扱う新店舗の出店を目指しており、レストランの客の反応を参考にしながら商品開発にもつなげたい考えだ。
 
 黄金の村の設立者でもある藤田氏は「人や情報が集まる東京は木頭ゆずを知ってもらうのに欠かせない場所。販路の拡大と同時に、(レストランや黄金の村が計画している新店舗で)県出身者の採用なども進め、徳島と東京をつないでいきたい」と話している。