アニメ『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』(9月29日公開)キャスト陣の集合写真を公開(C)緑川ゆき・⽩泉社/夏⽬友⼈帳プロジェクト

 アニメ化10周年にして初の長編作品『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』(9月29日公開)のアフレコに参加したキャスト陣の集合写真と、夏目貴志役の声優・神谷浩史と、ニャンコ先生/斑役の井上和彦からコメントが到着した。

【画像】第2弾特典は「友人帳 和紙付箋(せん)」

 神谷は「とにかく楽しく、そして丁寧にアフレコをさせていただきました。誰も見たことのない『夏目友人帳』を、ぜひ劇場でご鑑賞ください!」。井上は「とうとう劇場版です。みんなも待ってましたよね~。10年です。10年目にして実現しましたね。素敵なお話です。そして、ニャンコ先生が大変変なことに~。劇場でも大きな声で笑って、感動していただけるとうれしいです!」と、それぞれ呼びかけている。

 第2弾特典付き全国共通特別鑑賞券(1500円)が7月13日より全国の上映劇場で発売されることが決定。特典は「友人帳 和紙付箋(ふせん)」。特典は数に限りがあり、なくなり次第、鑑賞券のみの販売となる。

 同アニメは、緑川ゆき氏の同名漫画(白泉社『月刊LaLa』連載)が原作。小さい頃から、他の人には見えない妖(あやかし)を目に映すことができる夏目貴志が、亡き祖母レイコから受け継いだ「友人帳」をめぐり、妖たちや祓い屋たちとの優しく、時に切ない交流を描く。アニメシリーズは2008年から17年の第六期まで継続され、深夜アニメとしては他に類を見ないロングシリーズとなった。劇場版では、原作者監修による完全新作のオリジナルエピソードが描かれる。

■劇場版公式サイト
http://natsume-movie.com/


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。