今回の当番クルー:石田千穂さん(広島県​出身)

 

 皆さん、こんにちは。STU48の広島県出身、16歳の石田千穂です! 今回は、6月16日に名古屋市で行われた「AKB48世界選抜総選挙」について書かせていただきます。私たちSTU48の1期生にとって2度目の総選挙でした。

 沖縄県であった去年の総選挙は悪天候でコンサートが中止され、開票イベントは無観客で行われました。メンバー全員が壇上に座る例年の開票イベントとは違い、メンバーが客席に座って上位80人に入るとステージに上がる形式でした。

 

総選挙開票イベント前のコンサートで「Green Flash」を披露する石田千穂さん=名古屋市のナゴヤドーム

 

 名前を呼ばれてスピーチする先輩メンバーの顔を見られたので、STU48になってまだ2カ月ほどで握手会やイベントにほとんど参加したことがなかった私は、お客さんのような気持ちになっていました。

 自分の名前が呼ばれることは絶対にありえないと思いながら、STU48キャプテンの岡田奈々さんが(上位7人の)「神7(かみセブン)」入りすることだけを願っていました。結局、奈々さんは9位にランクインして、自分のことのようにうれしくて涙が出ました。

 奈々さんはスピーチで「まっすぐ頑張っている人が報われるグループに変えたい」と言ってくださいました。その言葉を聞いて、本気で頑張ろうって思ったし、他の先輩メンバーのお話も聞いて、私も絶対名前を呼ばれるようなメンバーになりたいって思いました。

 

総選挙開票イベント前のコンサートで披露した「涙売りの少女」の衣装で

 

 そのために自分にできることは何だろう。そう考えて、STU48に入ってからその日まで続けていたインターネット動画配信サービス「SHOWROOM」の配信を続けて行こうと思いました。

 握手会でも「配信を見て気になって来たよ」という方がたくさんいらっしゃって、私を応援してくださっている方の多くは配信がきっかけになったのかなって思います。

 今年の総選挙での私の目標は(投票初日の上位120人が発表される)速報入りすることと、総選挙期間中に行われたSHOWROOMとのコラボイベントで(視聴者からのプレゼントやコメント数で競う)16位以内に入ることでした。

2ページ目に続く 

⇩ ⇩ ⇩ ⇩