ピラミッド型の巨大ひな壇が名物となっている勝浦町のビッグひな祭り=2月、同町の人形文化交流館

 ひな人形の飾り付けイベントを開いている県内外の団体が集う「全国ひな祭りサミット」が2016年3月、勝浦町で開かれる。サミットの開催は全国初で、町などが町制60周年記念行事の一環として企画した。県外の団体と交流を深めるとともに、町の名物イベント「ビッグひな祭り」を全国にアピールするのが狙い。
 
 サミットの日程は、ビッグひな祭り期間中の3月26日から2日間。ひな祭りを研究している国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)の山田慎也准教授が基調講演し、参加団体が活動報告したり意見交換したりする。
 
 参加者はビッグひな祭りのほか、民家の軒下や商店街をひな人形で飾る「おひな街道」なども視察する。
 
 今月8日、ビッグひな祭りを運営するNPO法人阿波勝浦井戸端塾や町、町商工会などがサミットの実行委員会を立ち上げた。ビッグひな祭りを開いている千葉県勝浦市の団体など約50団体に参加を呼び掛けることにしている。
 
 実行委の稲井稔会長(75)=同町三渓、井戸端塾理事長=は「県外で開かれている催しの良い部分を学び、取り入れたい。同時に勝浦がビッグひな祭り発祥の地であることもPRできれば」と話す。
 
 勝浦町のビッグひな祭りは1988年4月に始まった。イベントの規模は年々大きくなり、高さ8メートルのピラミッド型の巨大ひな壇と3万体を超える人形の飾り付けで、全国的にも有名になっている。