飾り付けられたササを見て喜ぶ園児=三好市の阿波池田駅

 三好市の阿波池田駅で26日、園児が七夕の願い事を書いた短冊などをササに飾り付けた。7月7日まで展示される。

 尾本保育園(同市池田町シンマチ)の3、4歳児13人が、高さ約3・5メートルのササ2本に「ママとパパといっぱい遊びたい」「新幹線と電車をたくさん見られますように」などと書いた短冊や、折り紙で作った飾りをつるした。

 童謡「七夕さま」など3曲を歌ったり、JR四国の観光列車「アンパンマンカー」にちなみ「ドレミファ アンパンマン」の踊りを披露したりした。