4年連続10度目となる夏の甲子園出場を決めて喜ぶ鳴門の選手=鳴門オロナミンC球場

 第97回全国高校野球選手権徳島大会最終日の29日、鳴門オロナミンC球場で甲子園出場を懸けた決勝が行われ、鳴門が4―0で城南を下し、4年連続10度目の優勝を飾った。
 鳴門は三回、日野と堀の連打などで2死二、三塁とし、手束の右越え三塁打で2点を先制。さらに2死一、三塁から森の右中間三塁打で2点を追加した。
 全国高校野球選手権は8月6日から15日間、甲子園球場で行われる。組み合わせ抽選は3日。

 ◇決勝

 鳴 門  004 000 000  4

 城 南  000 000 000  0

 >>詳しくは本紙朝刊でご覧ください。