[波止]<小松島港沖ノ一文字>27日、中央付近をイガイを餌に落とし込み釣りで47、52センチのチヌ2匹。

 <和田島>27日、大手海岸T字突堤で赤アミを餌にサビキ仕掛けで7~11センチのアジを200匹余り。26日も午後からの2時間で同型のアジ150匹。同所や和田島漁港、赤石東ふ頭ではアジに交じり28センチ前後のツバスも回遊しており2~3匹上がっている。

 [磯]<大島>26日、水温22・5度で上り潮。底物仕掛けでイシダイを狙った人が、ソエバの船付で52センチを1匹。沖ソエは40センチを1匹と35センチ前後のイシガキダイ3匹。ビシャゴで40センチを1匹。フカセ釣りは本場回りの馬ノ背で25~32センチのイサギ4匹と31センチのグレ1匹。丸バエは35センチのイサギ1匹。港回りのクジラで37センチのアイゴ1匹と31センチのグレ1匹。

 [船釣り]<鳴門海峡>27日、南の風が強く波も高かった。引き潮になってからは波がさらに高くなったためほとんどの船は12時ごろにはサオを納めた。仕立船で2人がタイラバージグで40センチ前後を主体に35~62センチのマダイ13匹。26日も同船は3人で同型を18匹。

 <牟岐沖>27日、仕立船から沖アミを餌にフカセ釣りで2人が50~60センチ、3キロ前後のカツオ21匹。別の船も同型を10匹。

 [友釣り]<勝浦川>27日、平水だが薄く濁りがあった。沼江では12時から4時間で18~21センチのアユ12匹。沖野周辺では別の人が同型を10匹。上勝町福原大橋周辺で9時から5時間半、サオを出した人は15~21センチを19匹。

 <海部川>27日、平水より少し高く場所によってはコケの付きがまだ少ない。大井で20センチ前後を4匹だった人が轟口まで移動し、20~23センチの良型を14匹追加した。

 <岐阜・長良川>25、26の両日、釣り団体主催のアユ釣り全国大会が開かれ、各地の予選を勝ち上がった64人が参加。各2時間の試合を行い匹数を競った。1回戦で4人のリーグ戦を1位通過したシューティングスターの前浦芳久さんが、準々決勝は9匹、準決勝は6匹を計量し3位に入賞した。型は15センチ前後を主体に12~21センチで比較的浅場でよく掛かった。(県釣連盟報道部)