SKE48がラゾーナ川崎で新曲「いきなりパンチライン」発売記念イベントを開催

 名古屋・栄を拠点に活動をするアイドルグループ・SKE48が1日、ラゾーナ川崎で23枚目シングル「いきなりパンチライン」(7月4日発売)の発売記念イベントを開催した。

【写真】松井珠理奈に代わってセンターを務めた須田亜香里

 気温が30度を超す真夏日のステージに、6月の『第10回AKB48世界選抜総選挙』で選抜入り(TOP16)した須田亜香里、大場美奈、惣田紗莉渚、古畑奈和ら16人が真っ赤な衣装をまとって登場。ルーファ広場が大歓声に包まれるなか、夏ソング「パレオはエメラルド」からスタートすると、会場の熱気はさらに上昇した。

 「夏よ、急げ!」「意外にマンゴー」「無意識の色」のヒットシングルに続き、4日に発売される新曲「いきなりパンチライン」を披露。本来、松井珠理奈が務めるセンターには、総選挙で松井に次いで2位に輝いた須田が入り、情熱的なパフォーマンスでファンのみならず買い物客をも魅了した。

 終演後、SKE48キャプテンの斉藤真木子は「こんなにたくさんの方に来ていただいて、夢だったのかなぁと思うくらい楽しかったです!」と感激し、「目の前に広がるたくさんの方が私たちを観に来てくれたのかなぁと思うと、本当に信じられない気持ち。いつも応援してくださってる方はもちろん、今日たまたま足を止めてくださった方に、これから10周年を迎えるSKE48を一緒に盛り上げてくれる方がたくさんいてくれたらうれしいなと思いました」と声を弾ませた。

 なお、6月16日の総選挙開票イベント前のコンサートで倒れるなどし、19日の生誕祭公演も体調を考慮して中止となった松井珠理奈はこの日のイベントも欠席。湯浅洋劇場支配人は6月30日付のツイッターで「ご心配をおかけしております珠理奈ですが、私達も心配ですがもう少々お待ち頂けますでしょうか。本人が一番お礼とご挨拶をしたいと思っていると思いますので。ファンの皆さま宜しくお願い致します」と言及している。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。