木工時計を作る親子=鳴門市鳴門町の鳴門ウチノ海総合公園

 鳴門市鳴門町の鳴門ウチノ海総合公園で「わくわく夏パーク」(鳴門市など主催)が開かれ、親子連れら約3200人が参加した。

 水鉄砲作りや木工時計の制作などのコーナーが設けられたほか、特設ステージでは風船を使ったショーや大道芸人のパフォーマンスなどが繰り広げられた。

 時計作りに取り組んでいた佐藤崇人君(10)=徳島市北佐古一番町、鳴門教育大付属小5年=は「目盛りに使うドングリを割らずにくぎで留めるのが大変だったけど、うまくできた」と笑顔で話した。イベントは大鳴門橋開通30周年記念事業の一環。