野崎市長(右)から記念品を受け取る村山さん=阿波市土成町吉田の御所の郷

 阿波市の第三セクター・御所リゾートが運営している同市土成町吉田の温泉施設「御所の郷」の利用者数が20日、累計で300万人を超えた。

 300万人目となったのは、午前10時45分に訪れた堺市の村山正樹さん(54)智佐子さん(53)夫妻。野崎國勝市長から液晶テレビと市特産のブドウ、たらいうどんが手渡された。阿波市出身の正樹さんは「帰省した時は必ず訪れる。泉質も良くて気に入っています」と話した。

 御所の郷は2002年4月にオープン。和風とローマ風の石造りの浴場が日替わりで楽しめるほか、岩盤浴などもあり、地元住民やお遍路さんら年間20万人を超す利用客でにぎわっている。