渋谷ロフトで始まったフェア「Discover Japan 神山町に暮らすこと」の特設ブース=東京都渋谷区

 サテライトオフィス事業などで全国的に注目される神山町での移住生活や地域の特産品を紹介するフェア「Discover Japan 神山町に暮らすこと」が20日、東京都渋谷区の渋谷ロフト(ロフト主催)で始まった。9月2日まで。

 1階正面玄関近くに設けられた特設ブースでは、人口約6千人の山あいの町に移転してきたIT企業で働く若手社員らの暮らしぶりや四季折々の風景を、4Kテレビの高精細映像などで紹介。スギの間伐材を使った器や草木染のスカーフなど町の特産品も展示、販売し、店を訪れた若者らが興味深そうに見入っていた。

 企画したロフト営業開発部の畑山和文さんは「フェアを通して、特色ある取り組みを続ける神山町に目を向けてもらい、町の交流人口や移住者の増加につながれば」と話していた。