採用担当者(左側)から業務内容について説明を受ける学生ら=徳島市のホテルクレメント徳島

 徳島県内で就職を目指す大学生や専門学校生らを対象にした若年者就職マッチングフェア(徳島労働局など主催)が20日、徳島市のホテルクレメント徳島であった。

 医療・介護、製造、サービス業など県内に事業所がある65社(求人総数462人)がブースを設けた。2016年春卒業予定の大学生ら70人は希望する職種のブースを回り、採用担当者から業務内容や福利厚生について説明を受けていた。

 小松島市出身で京都嵯峨芸術大4年の福家可菜さん(21)は「大学で学んだものづくりを生かせる職場を希望している。早く内定をもらい、安心したい」と話した。

 労働局によると、15年春に卒業した県内大学生の同年3月末時点の就職内定率は96・0%で、過去10年で最も高かった。