児童にサーブの打ち方を教える櫻井さん(左端)=海陽町浅川のまぜのおかオートキャンプ場体育館

 バレーボールなど4種目のスポーツ選手を招いたスポーツキャンプが、海陽町浅川のまぜのおかオートキャンプ場で開かれている。19日から2泊3日の日程で、県内の児童32人が参加。初日はバレーボール元日本代表の櫻井由香さんやセパタクロー日本代表の林雅典さんが講師を務めた。

 バレーボールの指導では、櫻井さんが「手のひらの硬い部分でボールを打ってみよう」とアドバイス。子どもたちはミニゲームでサーブやスパイクを決めると、満面の笑みを浮かべていた。

 阿波市吉野町の一条小6年村部未來さん(12)は「スパイクを褒めてもらえてうれしかった。櫻井さんみたいな選手になりたい」と話していた。

 20日はサッカー元日本代表の永島昭浩さんと元プロ野球選手の中田良弘さんの教室があった。21日はバレーボール、サッカーなどの試合を行う。

 スポーツキャンプは、一般財団法人・ユナイテッド・スポーツ・ファウンデーション(東京)が県内で初めて開いた。