15日午後1時25分ごろ、徳島地裁で傷害罪の判決公判中だった橋本力武(つとむ)被告(20)=徳島市南矢三町1、建設作業員=が実刑判決言い渡しの直後、法廷から逃走した。付き添っていた徳島刑務所の刑務官が追いかけ、地裁敷地内で取り押さえた。刑務所は「刑務官の配置は適切だった」とする一方、職員への研修で注意喚起を徹底するなどして再発防止に努めるとしている。