シカ肉を使った塩焼きそば。21日開催のJCわくわくフェスタで売り出す=三好市池田町シンマチ

四国4県の地酒イベントも
 
地元産の野生鳥獣肉(ジビエ)料理などが味わえる「JCわくわくフェスタ」(阿波池田青年会議所主催)と、四国4県の地酒を楽しめる「四国酒まつり 秋の陣」(実行委主催)が21日、三好市池田町の阿波池田駅周辺で開かれる。主催者は「秋空の下、グルメとおいしいお酒を味わって」と来場を呼び掛けている。

 フェスタでは18種類のジビエ料理を販売。駅前通りの空き地にブースを設け、シカ肉を使った塩焼きそばやカツサンド、イノシシ肉入りのコロッケなど10メニューを500円程度で売り出す。近隣の飲食店8店でも「鹿肉ミンチのタコライス」「猪(いのしし)のラグーソースパスタ」など、イベントのために開発した特製メニューを提供する。

 酒まつりは、毎年2月に開かれる人気イベントの秋版。阿波池田駅近くの広場・ふらっとスクエアを試飲会場とし、酒どころ三好市の「芳水」「今小町」「三芳菊」をはじめ、四国4県の銘酒31種類を味わえる。阿波池田商工会議所やJR四国各駅などで取り扱う前売り券(千円)で、7杯試飲できる。3杯試飲できる当日券(500円)も販売する。

 このほか、軽食や雑貨の店舗が並ぶ「うだつマルシェ」、地元農産物などを販売するフリーマーケット「銀座よろず市」も同時開催される。

 問い合わせはフェスタが阿波池田JC<電0883(72)5700>、酒まつりが阿波池田商議所<電0883(72)0143>。